エリザベス女王杯2018超穴馬ワンブレスアウェイを狙う!格不要のG1で晩成良血遂に開花へ買い材料揃って

エリザベス女王杯2018超穴馬ワンブレスアウェイを狙う!格不要のG1で晩成良血遂に開花へ買い材料揃って

G1勝利騎手大西直宏がエリザベス女王杯の”超穴馬”を無料公開!
→http://www.wkeibaw.net/?ad_code=p10163t

 エリザベス女王杯に「格」は関係ないというのが定説になりつつある。というのも過去10年で、重賞未勝利馬が4頭も勝利しているからだ。クィーンスプマンテ、レインボーダリア、マリアライト、ラキシスいずれも穴を開けてあっと言わせてきた。ここまでくるとむしろ重賞未勝利馬がトレンドという感がある。

 それに加えてもう一つデータを加えておきたい。過去10年で関東馬は3勝しかしていないのだが、そのいずれもが重賞未勝利馬(クィーンスプマンテ、レインボーダリア、マリアライト)だったという事実だ。

 つまり、重賞未勝利の関東馬は怖い!今年の出走馬に該当するのは4頭。コルコバード、フロンテアクイーン、レッドジェノヴァ、ワンブレスアウェイ。

 さらにもう一つデータを加えます。勝った3頭はいずれも騎手は美浦所属の騎手。田中博康、柴田善臣、蛯名正義でした。

 ということでさらに絞ると、蛯名騎手のフロンテアクイーン、津村騎手のワンブレスアウェイということに。いずれも勝ちきれないものの堅実に走るタイプの馬。穴の匂いがプンプンしてきます、、。

競馬ナンデ予想カテゴリの最新記事